ドバイターフへ向けて、World Approval好発進。

2018 Tampa Bay Stakes(G3・タンパベイダウンズ・芝1700m)

ドバイターフでも同率1番人気位に支持されているWorld Approval(ワールドアプルーヴァル)。
元々長めの距離を走っていましたが、マイルで覚醒。昨年はフォースターデイヴハンデキャップ→ウッドバインマイル→BCマイルとマイルG1を3連勝しています。

今年春はドバイターフなので、初戦をここに。
相手は?というと説明に困る感じのメンバーです。勝って当然。OP特別に毛が生えた程度の所にバリバリのG1馬が出てくるようなものです。

レースは2番手(先頭)の芦毛がこの馬なので、見やすいです。
直線で早々と先頭で、そのまま楽に押し切るか?と思ったものの、Forgeという重賞勝ちもない馬に迫られました。

実績は確かに立派ですが、もともと北米の長めの距離でトップでもなかったですし、手が付けられないという感じはどう考えてもしません。1600mじゃないのもありますし。
ヴィブロス、リアルスティールなら同格でしょうね。

 

2018 Santa Maria Stakes(G2・サンタアニタパーク・ダート1700m)

Unique Bella(ユニークベラ)が3歳春のような走りをしてきました。
これ位は楽にできる馬でしたので、驚きもなく。

G2で相手は4頭の5頭立てですが、BCディスタフ5着のMopotism(モポティズム)、アメリカンオークス3着のKathy’s Song(キャシーズソング)など。
G1だと少し足りないメンバーなので、Unique Bellaも1勝のみですが、当然ながら断然人気。

芦毛の馬がUnique Bella。
逃げて直線突き放すだけの調教みたいなレースです。相手とか関係ない。

顔を外に向けるシーンもありつつ、直線は後続を突き放し9馬身差。
昨年はフィリー&メアスプリントに行ってダメだったけど、これ位の距離の方がいい気がするので、距離を伸ばしてくると思う。

 

2018 Sam F. Davis(G3・タンパベイダウンズ・ダート1700m)

ここ2年、上位陣が割と活躍しているレースです。
昨年の1着馬McCraken(ハスケル招待2着)、2着馬Tapwrit(ベルモントステークス1着)。一昨年の2着馬Destin(ベルモントステークス2着)。

今年はCatholic Boy(カトリックボーイ)が断然人気。
BCは芝に行って4着でしたが、またダートに戻ってレムゼンS(G2)を4馬身3/4差勝ち。

相手は2連勝中のVino Rosso(ビーノロッソ)、BCジュヴェナイル4着のHollywood Star(ハリウッドスター)というなんか安易な名前の馬です。

レースは逃げたFlameaway(フレイムアウェイ)が捕まりそうで捕まらず、Catholic Boyと叩き合い。
ゴールした瞬間「Upset!!!」と言っているように、番狂わせの1着Flameawayでした。

勝ったFlameawayはScat Daddy産駒。重賞だと少し足りなくて、前走一般戦を勝っていますが、BCジュヴェナイルターフをCatholic Boyが4着でしたが、こちらは8着。
重賞初制覇です。