第77回皐月賞 展開予想

今週は皐月賞です。

このレースは難しいと思います。予想する人の癖がモロに出そうです。
枠順を見る限りだと、内からズラッと差し馬の有力馬が並び、ポツンとファンディーナ。外目はスタートダッシュが遅い先行馬。
好み、前提条件、想いなどが複雑に絡まり合いそう。すんなり決まる感じはしませんね。

この世代で何度も顔を出した逃げ馬タガノアシュラが出ません。
マイスタイルが前走逃げたといっても速いペースではありませんし、展開も読みやすそうで読みにくいです。

とりあえず考えてみます。

逃げ :⑮アダムバローズ、⑯クリンチャー
逃げ後:①マイスタイル

先行前:⑧ファンディーナ、⑩タンビュライト、⑪アルアイン、⑫アメリカズカップ
先行後:⑨プラチナヴォイス、⑭キングズラッシュ、⑱トラスト
中段前:⑥アウトライアーズ、⑦ペルシアンナイト、⑰ウインブライト
中段後:②スワーヴリチャード、③コマノインパルス、⑬サトノアレス
後方 :④カデナ、⑤レイデオロ

最後方の2頭はそんなに下げるか?というと分からない一方で、それよりは前に行きそうな馬達が多く、外から被せられてしまってあれよあれよで後方のイメージです。
後方に有力馬が集中し、前がポツンポツンといつつ、中段が密集する、そういうレースになりそうな気がします。

ペースは前の2頭はスローの溜め逃げが良いタイプにも思えず、ある程度は出していくのではないか?と予想。
とはいえ昨年みたいな激流というのではなく、59.2~59.7位の平均よりやや出していく感じかな。
ただ、この2頭は決してスタートからのスピードの乗りが良いタイプでもなく、上手にスタートが決まった方が先頭で走るのではないかと思います。

マイスタイルは前走逃げていますが、「逃げてこそ」でもなく近場がみんな下げるので自然と1コーナーでは最内から3番手位は確保できるかな。
ファンディーナはもう少し外なら、とパッと見た時は思いましたが、②~⑦までが軒並み前に行くタイプではないので、前走位のスタートなら十分どころか非常にいい位置を取れる気がします。
アルアインやアメリカズカップも前に行くタイプではありますが、アルアインは前走スタートそのものは遅かったですがリカバリーは速かったですし、アメリカズカップはスタートからグイグイは行きませんが、ジワっと前目は取りそうな気配と組み合わせです。

スワーヴリチャードは昨日までは本命にしようと思っていましたが、共同通信杯もスタートそのものは悪く、東京1800mで力の差が大きいメンバー構成に加え、内枠からリカバリーができました。
今回は出遅れると致命傷になりかねないので、こんなに内で周辺が似たような差し馬が揃った事はプラスにはならないなと思いました。

逃げるクリンチャーにアダムバローズが並びかけて2番手。
離れてマイスタイルがいて、外目からアルアインに外アメリカズカップに内ファンディーナ。
タンビュライトの外からトラスト、プラチナヴォイスの内からアウトライアーズが徐々に進出しつつ、キングズラッシュとペルシアンナイト。
ウインブライトが外でコマノインパルス、サトノアレス、内からスワーヴリチャードの外をカデナと間を突いてレイデオロで3コーナー過ぎ。

クリンチャーを交わしてアダムバローズが先頭で4コーナー。ファンディーナも内から徐々に外に持ち出す。大外にカデナ。
先頭アダムバローズが粘る所、外からアルアイン。
まだアダムバローズが粘りつつもアルアインとアダムバローズの間からファンディーナ。

外からペルシアンナイトとウインブライトが伸びてくるが、その外からサトノアレスに大外カデナ、間からスワーヴリチャードも。
ファンディーナが2番手で粘りつつ、先頭はアルアイン。
外からペルシアンナイトが2番手に上がった所がゴール。勝ち時計1:59.2。

ということで、多少「シーン」となることも考えて、やや荒れ位の予想に。
毎回自信がないのに、ここに至ってはほぼ無いに等しいです。

◎ ⑪アルアイン
〇 ⑦ペルシアンナイト
▲ ⑧ファンディーナ
△ ⑬サトノアレス
△ ②スワーヴリチャード
注 ⑮アダムバローズ

 

アルアインはパッとイメージをした時に1着でゴールしたから。
前走スタート1歩目が悪かったですが、そこさえなければ外の馬を前にいかせつつ、自分もジワっと前目の真ん中位をキープできそうなイメージがあります。
前がある程度流れて、少し離れてジックリ5番手位につければ、直線で毎日杯位走れれば十分アッと驚く(そこまででもないですけど)走りはしてくれそうな感じがします。

距離が長くなるのが大幅なプラスでは無いと思いますが、前潰れの前走でしっかり最後まで伸びて1:46.5なら中山2000mなら誤魔化せると思います。
スタートさえ決めてくれれば、イメージはすごくしやすい。

ペルシアンナイトは2番手予想です。
もう少し外目の方が良かったと思いますが、マイル戦で走っていたペース位の気持ちより少し遅めで走れれば、中段少し後ろには入るかな。
外のファンディーナが多少前に行き、自分より内側が軒並み下げるとなると少し一緒につられて行くだけで②~⑥より僅かだけど前に入れると予想して。
真ん中をじっくり追走し、直線で外目に出せればアーリントンカップでの素晴らしい末脚炸裂もあり得るかな。

紅一点ファンディーナを3番手。
枠は有利だと思います。ペルシアンナイトより前に行ければほぼ間違いなく5番手内目には入れそうですし、外から被せられるのがどうかなとは思いますが、前はある程度自由のある位置に入りそうです。
直線は外目というイメージは無かったですが、伸びてくる馬の中では比較的内目かな。でも見せ場がないというのは考えられない気がしてきました。
ただ、勝ち切るには何か足りない気もします。それが何かは分かりませんが、頭の中では1着でゴールしてくれませんでした。

サトノアレスは人気が落ちたら面白い1頭です。
前走は躓いての出遅れですので、反応自体は悪くありませんでした。
それであれば、アルアイン、アメリカズカップの後ろをトコトコついていければ、自然と外目の後方に収まるのではないかな。
後は直線の脚は前走もそこまで悪くありませんでしたし、1回叩いて変わり身あれば、「くそーG1馬だ」となるかもしれません。

スワーヴリチャードは好きな馬ではありますが、スタート後手だとかなり大変なレースになってしまうかも。
伸びあがるようなスタートを切らなければ、そこそこは行けそうなものの、今回は「伸びて来たのに…」のシーンを想像してしまいました。
力はあると思うものの、そうならないのが皐月賞だと思います。

注でアダムバローズを入れました。
この馬がバタバタになるレースにはならないと思っています。スタミナの削り合いではなく、適度に前が飛ばして後ろはじっくりというレースかと。
となると、後ろからは厳しいんじゃないか?というのである程度前目の馬+ある程度マイルでも戦える馬をピックアップしています。
この馬も粘って粘ってが身上なので、直線まで楽しめそうです。

ということで後ろから行くであろうカデナとレイデオロ、アウトライアーズは外し。ウインブライトも外し。
どうせこんなに上手く行く訳なく、誰かは絡みそうなので、この辺はしっかり抑えたいものの、ちょっとなー。

レイデオロは強いとは思ったものの、ホープフルステークスはグローブシアターが2番人気になるレースですし、もう1回見たかったのが正直な所です。
カデナも戦績は非常にいいんですが、スローの差し比べなら負けないだろうと思うものの、多頭数の内目の枠、この時期の中山。ペースを考えるとプラスになるかなーというと…。
アウトライアーズも前走もかかっていましたし、マイル戦向きだと思うので、道中バーっと上がってしまいそうな気がしています。

 

大荒れというよりは微妙な荒れ具合なんじゃないかなー。
「終わってみたら上位人気3頭で決まりました。」はなさそうには感じます。日本競馬ファンの馬券上手さをもってしても。
今まで1頭流しが多かったですが、ここは流しではなく、ボックスで行こうと思いました。