ブリーダーズカップフィリー&メアターフ 展開予想と展望

海外競馬馬券の第3弾です。
メルボルンCでも7億円位売れています。メルボルンCは難しいレースですが、今回の方がまだ可能性があると思います。なんせ13頭です。

出走馬です。
ヌーヴォレコルトは13番でした。

2016-breeders-cup-filly-mare-turf%e5%87%ba%e8%b5%b0%e9%a6%ac

ライバルとしてはなかなか面白い馬が揃ったと思います。
ブックメーカー各社のオッズを簡単にみると以下の感じです。

2016-breeders-cup-filly-mare-turf%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

人気はLady Eli(レーディイーライ)Seventh Heaven(セヴンスヘヴン)Queen’s Trust(クイーンズトラスト)Sea Calisi(シーカリシ)が10倍を切るオッズ。
次にヌーヴォレコルトなどが出てきます。

 

主な出走馬プロフィール(人気順)

Lady Eli(レディイーライ) 8戦7勝2着1回。G1 3勝

昨年のベルモントオークスまで6連勝し、大怪我(蹄葉炎)から奇跡の復活を果たしました。
初戦のボールストンスパは2着に敗れましたが、フラワーボウル招待では3番手から差し切って勝利しました。
差し脚は強力ですが、前走は3番手だったので、少し印象が変わってきた感じはします。

北米の真夏のダービー。2016 トラヴァーズSと他。

2016.08.28

 

Seventh Heaven(セヴンスヘヴン) 8戦4勝 愛オークス、ヨークシャーオークス

オブライエン厩舎のライアン・ムーア騎手騎乗。
凱旋門賞でも「出てくれば面白い」と思いました。そういう馬ですし、ヨークシャーオークスではFoundもやっつけていますので、そう感じました。
前走は負け方が気になります。
2着がない馬で、負ける時は結構大きく負ける馬です。距離が短い気もしますが、硬い馬場が好きとのことです。

レベルの高い英チャンピオンズデー。振り返りと回顧。

2016.10.16

 

Queen’s Trust(クイーンズトラスト) 7戦1勝2着1回 ナッソーS2着など

勝ち鞍はデビュー戦のみ。
それ以外は5着以内を確保しているものの、勝ち切れていません。
ナッソーSではMinding(マインディング)の2着、ヨークシャーオークスではSeventh Heavenの3着、前走ブリティッシュチャンピオンズフィリーズアンドメアターフSではJourneyの3着。
どれもこれも勝ち馬には完敗なので、どうだろう?差し馬。

欧州最強牝馬への道。ナッソーS レース回顧

2016.07.31

 

Sea Calisi(シーカリシ) 11戦4勝2着2回 G1 1勝

昨年はフランスで走り、今年からアメリカへ。
アメリカでは4戦2勝2着1回3着1回と安定しています。
追い込み馬であり、G1の初勝利をしたビヴァリーD・ステークスでは道中13頭立ての11番手を追走して直線差し切りました。
安定はしていますが、届くか?は結構微妙だと思います。

またイスパーン賞負け組の勝利。2016年アーリントンミリオン。

2016.08.14

 

Sentiero Italia(センティエロイタリア) 11戦5勝2着1回

G1は未勝利ですが、前走のフラワーボウル招待で2着、前々走のボールストンスパでは3着とトップクラスと互角の戦いをしています。
昨年のこのレースは3馬身ちょっとの差で4着と好走しています。
前走は逃げましたが、基本的には先行馬です。昨年は4番手位で走っています。
G1で勝つとなると少し足りませんが、脚質含めて馬券圏内も十分あるでしょうね。

 

Catch a Glimpse(キャッチアグリンプス) 11戦8勝2着1回 G1 2勝

昨年のBCジュベナイルフィリーズターフの勝ち馬です。
そこからも負けなしの連勝を続け、デビュー戦で5着に負けて以来、今年のベルモントオークスまで8連勝。
しかし、そこから2連敗。前走のQE2チャレンジカップでは逃げましたが、直線でバタバタになってしまい、10馬身位遅れたブービー。
ただ、前走は入りの2Fが22.99と非常に速かったのもあるかなって思います。レースの鍵を握る1頭です。

Untapable連敗ストップ止まらず。アップルブロッサムハンデキャップ(G1)他アメリカのレース

2016.04.16

 

Avenge(アヴェンジ) 12戦6勝 G1 1勝

現在3連勝中です。
前走はG1であるロデオドライブSでした。サンタアニタパーク競馬場の芝2000m。
3番枠から好スタートを切って逃げ切り勝ちです。3/4差でしたが、後半ゴール前まで11秒台を続けたのは立派です。
勝ち時計1:58.52は優秀ですし、この馬もペースを握る可能性もあります。

 

Al’s Gal(アルズギャル) 26戦8勝2着8回 G1 1勝

5歳馬で26戦をしていますが、重賞初挑戦は今年の3月。晩成ですね。
ビヴァリーD・ステークスではほぼ最後方から追い込んで2着をしました。ただ、戦績を見ると追い込み馬ではありませんし、その通りE・P・テイラーS(G1)では2番手から抜け出してハナ差勝利。
これが唯一の重賞タイトルでG1勝ちです。
先行馬ですので、この馬も出方が気になります。

 

Pretty Perfect(プリティーパーフェクト)  11戦3勝2着2回

オブライエン厩舎のヘファーナン騎手なので、要はNo.2の馬ということになります。
前走のブリティッシュチャンピオンズフィリーズアンドメアターフはSeventh Heavenのペースメーカー役みたいな格好で出走しましたが、粘って4着とSeventh Heavenに先着をしてしまいました。
G3の1勝はありますが、愛1000ギニー9着、愛オークス10着、ヨークシャーオークス4着。
馬券内には入っていませんので、どうでしょうね。ペースメーカー役とまではいきませんが、それに近い役割も兼ねているはずです。

 

ちょっとしたデータとか最近の馬場状態

かなりちょっとしたものです。
サンタアニタパーク競馬場芝2000mですので、コースには特徴があります。
入ってすぐカーブもありますし、直線も短い競馬場のため、全体的に内枠が有利です。

ちなみに時計が速いのは相変わらずです。
10/29に行われた1600mのG3戦で45.83で前半が流れ、勝ち時計1:33.73。
10/30に行われた2歳の一般戦で47.15 の前半で勝ち時計1:35.27。

数レースですが、重賞ではどんな感じなのかの枠順、4コーナーの位置などをみてみます。
ロデオドライブSはサンタアニタパーク競馬場の芝2000mですので、大体近いでしょうし、最近のBCフィリーアンドメアターフでサンタアニタで行われたものを見てみます。

とっても雑なデータです。
ロデオドライブS5年分とBC3年分の8回を基に作成しています。

%ef%bd%82%ef%bd%83%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf1

見ての通り内枠が有利です。
10番より外は16頭が出走し、3着以内が4回で25%。
4番より内は32頭が出走し、3着以内が12回で37.5%。
まぁ外枠は頭数が少ないですからね。とはいえヌーヴォレコルトからすると、少しいいデータではないですね。

8レース、24頭の1マイル通過時点の位置取りを見てみます。

  • 3番手以内 14頭
  • 4~7番手  9頭
  • 8番手より後ろ 1頭

となっています。
これは明白です。前に行ったもんが有利です。8レースとサンプルは少なくても十分でしょう。
「8番手より後ろ」となっていますが、この1頭は8番手の馬。少なくとも1マイル通過時点では5番手以内位には居たい所です。

8回分のラップタイムの平均を取ると大体こんなレースになります。
24.14 – 47.89 – 1:12.28 – 1:36.23 – 1:59.53

見覚えあるラップでしょうが、大体今年の秋の天皇賞と同じです。
1レースだけここから大きく外れたレースがありましたが、残りの7回はこんなレースです。
60秒位で前半が流れ、後半少しラップが上がってフィニッシュというようなレース。それでいて直線の短さ。そりゃ追い込みは届きません。

 

展開予想

難しいと思います。

逃げ :②キャッチアグリンプス、④アヴェンジ、⑩キットキャット
先行前:⑥ジペッサ、⑫プリティーパーフェクト
先行中:⑤アルズギャル、⑦センティエロイタリア
先行後:⑧レディイーライ、⑬ヌーヴォレコルト
中段前:③セブンスヘヴン、⑪クイーンズトラスト
中段後:①シーカリシ
後方 :⑨ライアンズチャーム

こんな感じかな?

⑩キットキャットは前走1マイルの前走が45秒台で流れたレースで3番手だったので、人気薄だし行くかもということで。
最近の②キャッチアグリンプスは入りの2Fが24.0程度で走っていますので、枠も考えると逃げる可能性は高いかなーって。
負けているからといっても前走は飛ばし過ぎですし、今更抑えるなんて事はしないでしょうし。

逃げが多いですが、この辺りが先頭を伺うと予想します。
⑬ヌーヴォレコルトはやはり後手になる可能性を否定できない枠です。
③セブンスヘヴンは両隣がある程度出していく馬なので、包まれてしまうかもね、ということでここら辺に。

後方組だと、①シーカリシも今更前に出さないでしょうし、⑨ライアンズチャームはアルゼンチンでのG1は鮮やかすぎる追い込みです。

ペースは大体平均ラップ位じゃないかなと。48秒を少し切るか否か。
13頭はこの競馬場だと多い部類ですので、直線も短いし、追い込みは届かないでしょう。

4コーナーから前が有利の馬場ですので、一気にレースが動きます。
前があんまり信用できないので、ギュッと馬群が詰まり、ラスト勝負に。

うーん、全く分からん。。。でも一応予想はします。

◎ ④アヴェンジ
〇 ⑧レディイーライ
▲ ②キャッチアグリンプス
△ ①シーカリシ
△ ③セブンスヘヴン
注 ⑩キットキャット

④アヴェンジは先頭集団を走れますし、前走の時計、全12戦の内9戦がサンタアニタパーク競馬場。内枠。勝ち方は地味ですが頑張れそうな気がします。

⑧レディイーライは強い馬ですが、まだ雰囲気は戻り切っていない気がしてなりません。ほぼ確実に伸びてきますので、大負けは無いでしょう。

②キャッチアグリンプスはここ2戦負けていますが、書いてある通り前走ハイペース過ぎます。
今回はそこまで飛ばさないでしょうし、枠からも先手が取りやすいはずです。両隣もいきませんし。

①シーカリシは追い込みがどこまで決まるかですが、①なので、最内から伸びてくる可能性があるためです。

③セブンスヘヴンはどうも前走の反応が悪かったのに加え、2000mが久々、そして周りが行く馬に挟まされました。スタート後手なら内で包まれてアウトは十分考えられます。
硬い馬場が好きなのはオブライエンさんが言っているので、それが本当に得意であれば。

⑩キットキャットは大穴ですが、前走2着の時計が北米初戦で1:32.77の2着。
確かにメンバーは弱いし、それに負けたので全く強調できませんが、1マイルで45.27の前半を2番手追走してのものです。万が一激走があるなら、ということで。先行してくるでしょうし。

ヌーヴォレコルトはやはり外枠だと終始外になりそうで。
小回りですし、キーンランドとかならともかく、場合によっては1:59.0を切る馬場もこの馬にとっては向く気がしません。
大負けはしなさそうですが、上位でゴールする姿も想像しにくい。枠が内ならいいと思うんですけどね。芝2000mの大外はこの競馬場は不利です。

 

プロモーションビデオです。
ちなみに、公式トレイラーではありませんが、これは良くできていると思います。