ブレイブスマッシュが頑張った豪州G1と北米トライアル。

Ladbrokes C.F. Orr Stakes(G1・コーフィールド・芝1400m)

C・F・オールステークスです。

1番人気がKementari(ケメンタリ)
マニカトステークスではブレイブスマッシュの3着やウィンクスSでの4着など安定していますが、勝ちきれません。ゴドルフィンです。

G3→G2と連勝中のWhispering Brook(ウィスパリングブルーク)が2番人気。
ブレイブスマッシュは8番人気位。

あんまり解説とかできません。

黄色い勝負服がManuel(マニュエル)
4コーナーで外からブレイブスマッシュが上がっていき、先頭に並びかけるか?という走りです。

ただ、ゴールまで抜くことができず、後ろから2頭に抜かれてしまい4着。
ほぼ休みなく走っています。頑張りますね。どういう馬が別の国に移籍すると活躍するのか?
身体が丈夫であれば、ということなんでしょうかね。まぁ豪州とは走ってナンボなので、この手の適性がないと厳しいでしょうね。

Manuelが1着。多分初G1勝利。
2着は後ろから追い込んだKementariとLand Of Plenty(ランドオブプレンティ)という馬で同着でした。

 

2019 Sam F. Davis(G3・タンパベイダウンズ・ダート1700m)

タンパベイダウンズでのトライアルです。

2016年はベルモントステークスS2着のDestin、2017年の2着馬が後のベルモントS勝ち馬であるTapwrit、昨年の2着馬もベルモントS馬Catholic Boy。
ベルモントステークスに縁があります。

今年はBCジュベナイル2着のKnicks Go(キックスゴー)が断然人気でしたが…。

Well Defined wins Sam F. Davis Stakes

We saw an upset in today's Debry prep! More on the winner, Well Defined, who turned back Knicks Go, among others: bit.ly/2UOz0o3

Horse Racing Nationさんの投稿 2019年2月9日土曜日

4コーナーで2番手に上がったものの、そこから失速。
最後はバテバテで5着でした。

逃げるWell Defined(ウェルディファインド)が直線でも脚色衰えずに逃げ切り。BCジュベナイルでは12着でしたし、前走も一般戦で5着。番狂わせです。
2着も未勝利勝ち上がっただけみたいな成績のKentucky Wildcat(ケンタッキーワイルドキャット)

北米も毎週のようにトライアルが続きます。

 

2019 Las Virgenes(G2・サンタアニタパーク・ダート1600m)

ラスヴァージネスステークスです。
2013年がビホルダー、2016がソングバードが勝っています。

今年は断然人気のBellafina(ベラフィナ)
BCジュベナイルフィリーズは4着と負けてしまいましたが、それ以外はデビュー戦以外勝利して既にG1を2勝しています。前走は8馬身差圧勝。

2番人気にEnaya Alrabb(エナヤアルラブ)。2歳G1のスターレットS以来。

直線は逃げるBellafinaに外からEnaya Alrabbが迫ります。
前半速い流れということもあり、最後は疲れた感じでしたが、それでも好時計で逃げ切りました。

1:35.99はいい時計です。
ケンタッキーオークスまでもう1回走って、ですかね。上位人気で出走すると思います。