写真で振り返る 第55回弥生賞 レース回顧

第55回弥生賞(G2・中山・芝2000m・良)

弥生賞です。
強い風がありますが、ポカポカ陽気で暖かく、春を所々に感じる季節になってきました。

中山競馬場の河津桜も満開ではありませんが、つぼみと花とのバランスがこの時期らしくとても良いものです。

馬場状態は内埒沿いが芝がなくなっているような処も見え、「芝が生え揃って高速馬場」という様子ではありません。
前日のオーシャンSで1:08.3。3歳未勝利の2000mで2:02.5。
弥生賞で2分はマカヒキ、リオンディーズ以外は切っていないように、壁は本当に大きいです。
例年通りに決まれば未勝利との比較から2:00.5付近かなというのが私の戦前の予想です。その位の決着を妨げる程悪化しているとは言えません。

ダノンプレミアム、ワグネリアン、オブセッションという古馬OPの水準を2歳で突破している3頭に加え、初出走のヘヴィータンク。何かと話題の多いレースです。

 

パドック

面倒なので行きませんでした。混んでたし。

オブセッションはかなりダラダラ。良く言えば落ち着いているで悪く言えば元気がないです。
ジャンダルムもホープフルSの時に見てとてもいい子でしたので、今回も同じような雰囲気です。

ワグネリアンもチャカチャカしているように見えますが、いつも通りです。マイナス体重でしっかり出てきた感じに見えました。
ダノンプレミアムもあんな感じですので、落ち着き払っての周回ではないですが、それでも問題ありません。

ヘヴィータンクの記念にパチリ。物珍しいものを見ました。
このレースはこの馬なしには語れません。

 

返し馬

ダノンプレミアム(3戦無敗。2歳チャンピオン)

太陽の光を浴びて、お尻のマーカーがとても映えます。
馬体は一流馬のそれですし、行く気満々でもしっかり制御していて、走り出すまでがっちり常歩キープできていました。
初めて生で見ましたが、素晴らしかったです。

 

ワグネリアン(3戦無敗。東スポ杯勝ち)

少し雰囲気が変わった感じを受けました。
走り出す時にバタバタっとするのはいつも通りですが、そこまで大きなストライドで走るイメージが無かったので、「あれ?」と。
悪くなったとかではなく、イメージの修正が必要です。どちらがいいかは分かりません。

 

オブセッション(2戦無敗。シクラメン賞圧勝)

返し馬も素晴らしく落ち着いていて、キャンターまでは文句なしです。
馬術ならこの馬に乗りたいです。あのレースを見て分かる様に、パドック、返し馬はあくまでもキャンター+αまで。
競馬で求められるのは相手がいる中でのギャロップですので、「キャンターで制御ができている」=「競馬で制御ができる」という簡単なものではないということです。

 

ジャンダルム(ホープフルS2着)

身体を大きく使っての返し馬です。
手綱を引いていますが、制御不能ではなく、いい意味で前向きに走っているということでしょう。いわゆる短距離馬じゃないですね。

 

ヘヴィータンク(デビュー戦)

割とカッコイイですね。見た目だけならこの馬も乗りたい1頭です。落ち着いていたし。周りに怪物が何頭かいて困っていたのかもしれません…。
ネタ馬になってしまうと思いますが、この経験を生かしてほしいです。。。

 

混んでいました。
さすがにG2で10頭しかないにも関わらず、このメンバーなら興味深いので、混むのも分かります。

2 件のコメント

  • はじめまして。
    いつも素晴らしいお写真ありがとうございます!
    感想も楽しくて、馬術ならオブセッションに乗りたい・・納得です!
    キリンみたいに大きくて目立ちますね。大人しくて可愛いし。
    ヘヴィータンクのおかげで、印象に残る弥生賞になった気がします。
    どの馬がダービー馬になるのか、想像するだけで楽しみです。

    • はじめまして。コメントありがとうございます。
      素晴らしい写真だなんて。場所が良いだけですよ。
      >キリンみたいに大きくて目立ちますね。大人しくて可愛いし。
      キリンとは。
      確かに大きくて大人しい感じがします。手入れもしやすそうでした。
      どの馬がダービー馬になりますかね?
      私は昨年末の予想はワグネリアンでしたが、そう簡単にいかなそうです。楽しみですね。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *