写真で振り返る 第78回オークス レース回顧

第78回優駿牝馬(G1・東京・芝2400m・良)

晴れて非常に暑くなりました。
5月ですが30℃近くなり、東京競馬場特有ともいえる風が非常に心地よく感じます。

牝馬クラシックのオークスです。
それなりに並んでいる人は多かった気もしますが、この暑さのせいなのか客足がそこまで伸びている感じはしません。
「入場者は6万807人で、こちらも前年比100・8%と微増」という記事がありましたが、言われてみるとこんなもんだった気もします。

今週も馬場入場で素晴らしい演技を。
ようやくどうやっているのかが分かってきましたが、相当調教されていないと無理ですね。
乗り手の左足が馬体から離れているので、右から押して馬の左前脚を上げています。上手ですなー。これをドレスを着てやってるんだから。

 

パドック

レーヌミノル(桜花賞馬)

1人で非常にゆったりと歩いていました。
距離が問題というのが付きまとう馬ですが、少なくともこの段階では「やっぱりだめか」という感じは受けません。素晴らしい感じに見えます。

 

リスグラシュー(桜花賞2着)

こちらは2人でクビを上げて小走りになる感じの周回です。
決して落ち着いている感じは受けませんが、汗を掻いている訳でもないですし、急いでいる感じもしません。こういうのは判断に困ります。

 

カリビアンゴールド(ベストターンドアウトを受賞)

1人でこちらは確かに馴致されているような周回です。
小島太厩舎はディサイファもそうですが、前髪がシュッとしています。
冬毛も抜けきっていて、とても綺麗です。

全体的に落ち着いていたと思います。パドックは。
ソウルスターリングも綺麗でしたが、写真は難しいですね。

 

返し馬

東京2400mは遠くに行ってしまうので、小さいものしかありません。

アドマイヤミヤビ(桜花賞惨敗から巻き返しを狙う)

雰囲気は悪くありません。
クイーンカップ以来の観戦ですが、メンコもつけてしっかりと走っていました。
身体も少しだけ戻していますし、汗は出てますがこれは暑いので仕方ありません。

 

ディアドラ(桜花賞6着)

パドックも落ち着いていましたが、返し馬も素直に走り出していきました。
随分走っていますが、入れ込んでいる様子もなく、身体も減らずに非常にタフです。

 

ブラックスビーチ(スイートピーS1着)

しっかりと慎重に誘導馬の後ろを歩いてゴールを通過しました。
この本馬場入場は良いですね。まぁゴール前まで来なければならないというものでもありませんが、こういう馬が1頭でもいればいいものです。ダービーでも期待。

 

入場は少し気合が入っている馬が多かったです。
やはりあれだけパドックで歩かされ、こういう馬場入場だと熱くなってしまっても仕方ありません。
パドックの周回時間長すぎる。エイシンヒカリ陣営もそう言っていましたが、G1はかなり長いと思います。

ファンファーレは手拍子と合っていました。
「あんなの許さん」という人もいますが、あれはあれで盛り上がるのには必要です。

2 件のコメント

  • レッドコルディス、ゲート飛び越えるのかと思いましたよね(笑)
    モズカッチャン、オークスだからお洒落してきたように見えました❤
    しかしすぐにダービーですね💦
    時々記事で、写真、競馬つらつらより、というのを見かけます(^ー^)

    • またまた遅くなりましたが、ありがとうございます。
      ダービー前日になりました。早いものです。
      みんなオークスだからかお洒落でしたよ。モズカッチャンは三つ編みでしたかね。ミスパンテールがお団子っぽかったです。
      >時々記事で、写真、競馬つらつらより、というのを見かけます(^ー^)
      そうです。少しだけ提供してます。無料で。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *