写真で振り返る 第58回アメリカジョッキークラブカップ レース回顧

第58回アメリカジョッキークラブカップ(G2・中山・芝2200m・良)

2017年になって初めて競馬場に行きました。
晴れて風もなく、寒さも和らいでとても過ごしやすい1日です。

悩めるダービー馬もいますし、NHKマイルカップ馬もいます。
なかなか力関係が分かりにくい感じのメンバーなので、とても面白い組み合わせになりました。

明け4歳馬の活躍も目立ち、ここもゼーヴィントにミライヘノツバサという少しクラシックでは足りなかった2頭が上位人気でエントリー。

 

パドック

ミライヘノツバサ(4歳。母の母がタムロチェリー)

あまりどっしりしているタイプではありません。このブチ毛が良い感じです。
レースで悪い方に出ていませんので、性格でしょう。

 

クラリティスカイ(2015年NHKマイルカップ優勝)

非常におちついてスタスタと周回していたように思います。
G1タイトルとしてはマイルですが、前走2000mで頑張ったように、長めでも大丈夫そうな雰囲気。おっとりしてると思います。

パドックはさっさと見て帰ったので、よくわかりません。
リアファルがパドックだとあまり落ち着いた周回に見えませんでしたが、まぁ大丈夫だろうと根拠なく本命にしていました。

 

返し馬

タンタアレグリア(久々。天皇賞春4着以来)

綺麗な栗毛が映えます。
雰囲気はとてもいい感じ。480kgを超えてきて、いよいよ完成の域に入ったのかもしれません。

 

ゼーヴィント(1番人気。重賞で連続2着)

鬣が靡いています。
こちらもステキな返し馬。前を向いてきっちりと走っています。

 

リアファル(休み明け1回叩いてココ。菊花賞3着)

大きい体を使った大きな走りで、パドックでのチャカついた雰囲気もなくなり、スムーズに走っていたと思います。
体が立派過ぎたのかなぁ。

 

ワンアンドオンリー(第81代ダービー馬。悩み中)

返し馬に行く前ですが、少し目が怖い。
パドックではスムーズに歩いていましたが、本馬場がやや気合が入った感じ。これは珍しいなと思いました。

撮り損ねたのでいうと、ミライヘノツバサの1歩目がゴールドシップのようにジャンプして走り出しました。
内田騎手騎乗の芦毛ちゃんということで、ゴールドシップを彷彿させるキャンター。次見た時はそこを狙いたいです。

 

馬場の印象

時計も前日のカーバンクルSで1:08.5でしたし、古馬1000万下の東雲賞で1:34.1。
最も出る時から+0.5秒程度だと思います。
この時期の最終にしては時計の出る状況だったなと思いました。

差しも決まっていますし、内側の芝の緑が薄くなっているように見えるので、真ん中位が良いのかなというのがなんとなくの印象でした。

4 件のコメント

  • こんにちは。
    現地で観戦されていたのですね。
    本当に痛ましい故障で、
    TVで見ていても胸が痛みました。
    シングウィズジョイ
    どうか天国で安らかに。。。

    ミライヘノツバサ(新馬戦から応援中)の前走もポトマックリバーが故障してしまいました。大事には至らなかったみたいですが引退のようです。
    馬たちのために、何か革新的な医療技術が発明されてほしいなぁと願っています。

    • こんばんは。
      本当に切なかったです。幸いにもそんなに見なかったので、久々だったのもあります。
      ターフの上でシートに覆われるというあまり見ることが無い出来事でしたが、とてもシャッターを押す気にはなれませんでした。
      悪い気がして。
      何か革新的な技術があればという気持ち分かります。その手の論文をたまに見てますが、なかなか、ね。未来に期待してます。

  • 新年あけて初のコメントをします。
    故障発生の有無に関わらず、競走馬全頭に3Dプリンター用のデータを登録してもらい、
    約400~500kgある馬を支える素材の開発とかできればいいですよね・・・
    日本のこういった技術が上手く生かされてほしい。
    シビアな表現になってしまいますが、こういった技術も競馬ビジネスでもあると思うので。
    海外へ技術輸出もできるわけですから。
    とにもかくにもシングウィズジョイの冥福をお祈りいたします。

    • 今年もコメントありがとうございます。
      面白いアイデアですね~。
      馬も動ければなんとかなるはずなので、新しい技術で何かそういうものができないかなぁ。
      仰る通りビジネスですし、救うために億単位の費用が発生しても救えなかったバーバロやセントニコラスアビーなどもいます。
      未来の救えたなら…の馬が1頭でも救われる事があれば、ビジネス的な側面だけでなく、ファンも嬉しいですからね。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *