2018オペラ賞、フォレ賞、その他2歳G1の有力馬と展望

今年はオペラ賞でL’Arc(ラルク)、フォレ賞でGeniale(ジェニアル)が出走します。
馬券的にこれ売り出されても…的なレースなので、売らなくて正解。有力馬と展望です。

オペラ賞は割とメンバー揃ったなと思います。16頭もいますし。
凱旋門賞はそこそこ知っているのでまだ追えますが、この2レースは相当海外競馬知らないと目で追うのも難しいと思います。自分は無理です。

 

2018 Qatar Prix Marcel Boussac(G1・芝1600m・2歳牝馬限定)

2歳牝馬限定のマルセル・ブサック賞です。
過去ザルカヴァやファウンドもこのレースの勝ち馬。目の前で過去ファウンドを見れたのは良かったです。

ファウンドは2014年の勝ち馬でした。
2着のErvedya(エルヴェディヤ)も後に仏1000ギニー、コロネーションS、ムーラン・ド・ロンシャン賞を勝つ名牝となっています。

昨年の勝ち馬はオペラ賞で1番人気となっているWild Illusion(ワイルドイリュージョン)でした。
そして2着が1番人気で敗れたPolydream(ポリドリーム)。こちらはフォレ賞で1番人気になっています。
なお、この写真にPolydreamはおらず、最内にいるのがMagical(マジカル)です。こちらは凱旋門賞に出走しますね。

今年の人気は以下の通り。

今年の1番人気はRocques(ロック)です。
Lawman産駒で3戦3勝。真っ白の勝負服。
前走はパリロンシャンのG3であるオマール賞を道中2番手から抜け出して勝利。下したのが3番人気位に支持されているCeratonia(セラトニア)

そのCeratoniaは2戦1勝。
ゴドルフィンのOasis Dream産駒で、姉が昨年の勝ち馬でもあるWild Illusion。

ドンカスターのG2であるメイヒルSで2着だったStar Terms(スタータームス)。
これで5戦2勝です。重賞勝ちはないですね。

そのレースは入れ込みが激しく7着に敗れたフランケル産駒のDubai Beauty(ドバイビューティ)も巻き返しを狙います。

オブライエン厩舎から3戦1勝のPink Dogwood(ピンクドッグウッド)が出走します。
デビューから2戦連続2着でしたが、前走はしっかり走って?7馬身差の圧勝でここに挑戦です。
Camelot産駒。兄は今年の愛ダービー馬Latrobe(ラトローブ)。

 

2018 Qatar Prix Jean-Luc Lagardere(G1・芝1600m・2歳限定)

ジャンリュックラガルデール賞です。
2歳限定となっています。牡馬牝馬OK。ずっと牡馬のレースでしたが、昨年は牝馬のHappily(ハッピリー)が勝利しました。
2着のOlmedo(オルメド)は仏2000ギニーを勝ち、3着のMasar(マサー)は英ダービーを勝ちました。
3頭が並んだシーンです。最内Olmedo、真ん中Masar、大外がHappily。

今年のオッズはこんな感じ。6頭立て。
大体このレースはこんなもん、って感じのメンバーです。

1番人気は前走シェーヌ賞(G3)を2馬身差で勝利して2戦2勝のAnodor(アンドール)
2戦とも2馬身差で綺麗に勝ってきていますので、強いとは思う。

リスデットレースを勝利して3戦3勝のBoitron(ボワトロン)。
こちらも3勝全て1馬身以上差をつけていますので、見たことないけど、実績だけ見れば引けを取らないかと。

ゴドルフィンからRoyal Marine(ロイヤルマリーン)。こちらは2戦1勝。Raven’s Pass産駒。
デビュー戦は負けたけど、前走2馬身1/4差。未勝利完勝で朝日杯に出走する感じ。

こちらはあまり揃っているレース、という印象はないですね。

 

2018 Prix de l’Opera Longines(G1・芝2000m・3歳上牝馬限定)

オペラ賞です。
昨年の勝ち馬はRhododendron(ロードデンドロン)でした。今年も出走しますが、やや人気を下げています。

ラルクは残念ながらビリ人気。
なかなか面白いメンバーが揃ったとは思いますが、上位陣は意外に決め手不足なので、荒れそうなレースでもありますね。

1番人気に支持されているWild Illusion(ワイルドイリュージョン)
昨年のマルセルブサック賞の勝ち馬でもありますし、英オークス2着、前走のナッソーS1着ときちんと結果を出しています。

このナッソーSも2馬身差。
このレース2着のUrban Fox(アーバンフォックス)も有力で、プリティポリーS(G1)では英オークス馬Forever Together(フォーエバートゥギャザー)を3馬身1/4差で沈めました。
前走はドーヴィルのジャンロマネ賞(G1)で2着。

2番人気にはオブライエン厩舎のMagic Wand(マジックワンド)です。
英オークス4着、愛オークス5着、ヨークシャーオークス5着でしたが、前走のヴェルメイユ賞では2着と健闘。
6月のアスコットではWild Illusionを4馬身差で勝利しています。強いっちゃ強い。

姉のWe Are(ウィーアー)に続いて姉妹制覇がかかるWith You(ウィズユー)
夏のドーヴィルでのロートシルト賞(G1)では後続に3馬身差。相手はそんなに強くないですが、勝ち方は立派です。

他にもノネット賞(G2)を制したCastellar(カステジャール)
フランスオークスは10着でしたが、しっかり巻き返してきました。
今年イスパーン賞、ムーラン・ド・ロンシャン賞を制しているRecoletos(レコルトス)の妹です。

他には今年のフランスオークス3着のHomerique(オメリク)、昨年の3着馬のLady Frankel(レディフランケル)
昨年の勝ち馬であるRhododendron(ロードデンドロン)は夏から大きく崩れるレースが目立ち、この人気に。
オブライエン厩舎の中では人気が下ですが、Athena(アテナ)も侮れなく、ベルモントオークス(G1)1着もそうですが、前走愛チャンピオンS(G1)4着は割といいと思うのですが、人気はあまりないですね。

 

2018 Qatar Prix de la Foret(G1・芝1400m・3歳上)

フォレ賞です。
昨年はAclaim(アクレイム)が勝ちました。

日本からGeniale(ジェニアル)が出走します。
今年は少し苦しくても、この挑戦は面白いと思っていますので、来年以降もあるといいんですけどね。勝っても3000万円いかない賞金ですので、苦しいか。
富士Sの方がいいですね。

オッズはこんな感じ。
ジェニアルは下の方です。

Coeur De Beaute(クールドボーテ)は馬主Teruya Yoshidaなので、見慣れた勝負服で走ります。
フランス1000ギニー2着馬です。

人気はPolydream(ポリドリーム)です。
前走ドーヴィルのモーリスドギース賞(G1)を勝利しました。フランス1000ギニーはぼろ負けのビリでしたが、それ以外は崩れておらず6戦4勝。牝馬です。

ゴール前で先に抜け出していたJames Garfield(ジェームスガーフィールド)を差し切りました。
そのJames Garfieldはこの次のスプリントカップ(G1)は不良馬場がダメだったのか分かりませんが、ビリでした。でも4番人気位。

2番人気に押されているのがSir Dancealot(サーダンスアロット)です。
G1はあまりいい成績はないですが、8月のニューベリーのG2であるハンガーフォードSは外から一気に差し切りました。
スプリントカップ9着からの巻き返しを狙います。

オブライエン厩舎のマイルのイマイチ君ことGustav Klimt(グスタフクリムト)
英2000ギニー6着、愛2000ギニー3着、セントジェームスパレスS2着、シャンプラ賞3着、サセックスS4着、スプリントカップ3着と勝ち切れません。
G1だと負けても3馬身以内程度に収めていますが、なぜか上に書いたハンガーフォードSは5馬身差で5着に負けました。

他には昨年のジャック・ル・マロワ賞2着で今年はG3の1勝だけのInns Of Court(インスオブコート)
2016年のこのレース4着馬であり、今年は前走メシドール賞でジェニアルの2着だったJimmy Two Times(ジミーツータイムズ)
今年のフランス1000ギニーのワンツーであるTeppal(テッパル)Coeur De Beaute(クールドボーテ)

ジェニアルはJimmy Two Timesに勝っていますので、「絶対無理」という相手でもないかなとは思います。
もちろんパリロンシャンの環境が合えば、の話ですが…。