第38回新潟2歳ステークス レース回顧

第38回新潟2歳ステークス(G3・新潟・芝1600m・稍重)

頭数が少ない+アンブロークン、ロードアクアと2頭勝ち上がった馬を見ているということで。

アンブロークン

ロードアクア

アンブロークンはデビュー戦、直線でフラフラしながらも奥がありそうな勝ち方でしたので、とても期待していました。
2着のオメガは次走の未勝利は惜しくも2着でしたが早々に突破できそうですし、3着のハヤヤッコは未勝利を圧勝。5着のセイウンオフロードも勝ち上がりました。

全然力関係が分からず、持ち時計や感じた雰囲気、破った相手のその後などで評価するしかありません。
2歳戦の面白い所であり、難しい所ですね。

中京2歳S2着でエイシンゾーンを3馬身突き放したアドマイヤマーズにデビュー戦でハナ差負けだったケイデンスコール。
クローバー賞を快勝したウインゼノビアに2馬身差で勝利しているジョディー。
中京マイルで1:35.0を切ったエルモンストロ。

馬場は稍重。9Rの1000万下で1:34.5で大外から差し切り。
内側は少しボコボコに見えますので、ある程度外から差せる馬が良さそう。これで大外からぶち抜くと毎年勘違いしますが、そういう馬場です。外差し。

レース全体を見て低調とまではいきませんが、いくらスローの稍重でも1つ前のワンスインナムーンが1:19.7(昨年も同じレースで1:20.7)で走れる中、昨年のフロンティアが1:34.6に対して1:35.5。
時計が全てではないものの、ゴール前1Fで「誰も突き抜けられなかった」とも言えるかな。

スタートでエンパイアシュアーとアンブロークンが後手。ロードアクアも少しバランスを崩すスタート。
エルモンストロがポンと出て、前走逃げ切った馬もいるもののまだキャリア2戦目。
隊列が決まりやすい小回りコースとは違い、内側の馬場が悪い状態で暫く真っ直ぐ走る新潟の1マイル。

逃げているエルモンストロがスタート直後に抑えていますが、行きやすいからとスイスイ走っていたらとてもじゃないけどもちません。
2番手にロードアクア、内でエイシンゾーン。
ロードの勝負服ならロードをつけてほしいスティルネスがその外でエイカイキャロルが内。

がっちり抑えてアンブロークンがその後ろで外からジョディー。
エンパイアシュアーに後方で比較的ゆったり走れているケイデンスコール。オーパキャマラードと未勝利のヤサカリベルテという展開です。

ペースが36.3-49.0-61.5というスロー。しかもこれはそれなりに離して逃げたエルモンストロが刻んだもの。後ろはこれ+0.5秒と考えると、そりゃ遅い。
アンブロークンが1000m通過が62.3ですので、上がり33秒台が求められます。
この時期の2歳マイルでハイペースはほぼないので、それ自体は特にありませんが、新潟2歳Sらしいレース。

道中は誰もが目に付いたアンブロークンの走り。
口を割り、馬の後ろで残り1000mの通過をした時もまだやっていました。
ペースを考えると、この位掛かっても仕方ないとは思うものの、流れれば流れるだけ追いかけてしまう馬もいますので、「流れれば大丈夫」という単純なものでもないのが難しい。
前走とそこまで変わっていないので、60秒付近で走ってどうなるか?は見て判断しようとは思っているものの、多分こういう馬です。マイルとかでないと心配です。

少し離しながらエルモンストロが逃げ、4コーナーでジワジワと外へ。
2番手にロードアクア、内でエイシンゾーン。
大外に出したケイデンスコール。やっと少し落ち着いた感じのアンブロークンの外から決め打ちでスッと外から被せました。

直線は馬場の真ん中より外の戦い。
内でエルモンストロとエイシンゾーンが粘るところ、外からアンブロークンとロードの2頭。ロードアクアとスティルネス。
一番外から真っ直ぐ走るケイデンスコール。

ロードアクアが失速し、スティルネスとアンブロークンが叩き合う所で、大外からケイデンスコールがじわじわと差を詰め、その後ろでは内に切れ込むジョディーを後目に、3頭並んで大外からケイデンスコールがクビ差差し切って勝利。上がり33.1。

うーん。反応の割には…と感じました。
勝ったのは立派だとは思います。道中は後ろでしっかり折り合い、直線外に出すところの反応は素晴らしいです。上がりも33.1で走れて文句を言い様がないです。
ただ、一方でこのペースでラスト12.0もかかるレースで突き抜けるに至らなかったというのは少し物足りない感じもしてしまいます。前に並びかけるまで素晴らしかっただけに。
血統的にはホールオブフェームの孫ですし、単純な早熟ってことはないでしょう。
「少し物足りない」と思ったのが良い方に転べば息の長い活躍があるかもしれません。

2着にアンブロークンが入りました。
大きな2着だと思います。これで春のクラシックのトライアル前までに何か1つ加えられれば本番もゲートに入れます。
道中かかりっぱなしなのは個性でしょう。
4コーナーの勝負所でやっと落ち着き、落ち着いてしまったが故に息が抜けてしまったように見えました。ケイデンスコールに外からスッと抜かれてしまったのが…。
やはりもう少し早い段階で落ち着いて走って勝負所で行けないと上に行けるかな?
馬自体はデビュー戦より真っ直ぐ走っていましたし、最低限の結果は出たのでクラシックに繋がりましたね。

3着はロードクエストの下のスティルネス。
直線の手応えは抜群で、突き抜ける感じでしたが追ってからもどかしい。
道中抑えもできていて、1200mのデビュー戦の後で距離延ばしてペースが落ち着いても問題ありませんでした。
小粒で人気になりにくそうな中、アルテミスSとかクイーンCとかで3着で「買っておけば…」がありそう。早めに賞金加算したいですね。

5着にエイシンゾーン。
中京2歳Sで0.5秒離されたアドマイヤマーズと鼻差勝負したケイデンスコールと今回0.5秒差。
ここまで完璧な基準馬がいるかな?という位綺麗な結果に。
内を走ったのは枠もありますので仕方ないですが、時計通り毎回走れる馬で大崩れしないまでも、勝ち抜くとなると…。

きっちりとした勝ち方をしてきた馬が出走し、スティルネスを除いて上位人気で決まっているので、この結果は信頼はできると思います。
ペースとしては「ザ・新潟2歳S」という位に鮮やかに誰かが突き抜けて決まるか?と見てたけどそうならず。
それが良い方に転べば長い活躍になると思いますので、そうあってほしいですね。