写真で振り返る 第58回京成杯 レース回顧

第58回京成杯(G3・中山・芝2000m・良)

晴れてとてもいい天気です。
今年初めて中山に行きました。

というのも理由があり、今日でかのヤフースポーツナビブログが終了という事で、せっかくだから最後はいつも書いていたように写真付きの回顧を書いてみようという心意気だけです。
なので、レース自体は…。積読はそこそこ解消されました。

ほぼ同じ記事を向こうにもアップする事になります。最後の宣伝です。
手間ですが、ほぼコピーなので大したことはありません。

天気は快晴で馬場状態は良馬場。
ニューイヤーSでダノンプラチナが1:34.5。3歳未勝利で1.35.6。
べら棒に出る馬場ではありませんが、大幅に例年と比較してどうこうという馬場ではありません。ニューイヤーSはややスローだったので時計は出ていませんが、1秒詰める事はできたか?というと微妙。
やや外差しの印象はあります。

 

パドック

デルタバローズ(1戦1勝。3番人気)

大分チャカチャカしていました。
全部が全部落ち着けばいいってもんではありませんが、なんとなくキャリアの浅さは感じてしまいます。馬は綺麗です。

 

エイムアンドエンド(前走未勝利勝ち。エイシンフラッシュの仔)

こちらは3戦目です。デビュー戦はオブセッションの3着。
非常に落ち着いた周回でした。雰囲気は悪くなかったと思います。

 

ダブルシャープ(クローバー賞1着。朝日杯出走組)

そこそこ人気していましたが、あまり目立ちませんでした。
目立てばいいものではないですが、良くも悪くも目を引く感じはしません。

ジェネラーレウーノやギャンブラーもチャカついており、コスモイグナーツも少しクビが高くて緊張してそうな雰囲気を感じましたが、それ以外は特になし。
そこまでしっかり見ていませんので、差も分かりません。

 

返し馬

コスモイグナーツ(アイビーS1着。エイシンフラッシュの仔)

日が当たって黒い馬体が目に付きます。父親はそれで散々騙してきましたが、こちらも真っ黒。
1歩目が大きく出たものの、キャンターは普通。

 

コズミックフォース(2番人気。ミクロコスモスの仔)

一歩目が飛び跳ねるように走り出しましたが、こちらも走り出してからは気の悪い所も見せずにスタスタと。
母に似た浅めのシャドーロール。いい感じです。

 

ジェネラーレウーノ(1番人気。葉牡丹賞勝ち)

パドックはチャカチャカしていましたが、走り出してからはクビを下げ、無理に行きたがる感じもなく、大きいストライドでいい馬だなという印象です。
パドックは2人で引いていてあんな感じなんでしょうね。気にしなくていいタイプだと思いました。

デルタバローズはここでもかかりっぱなし。
スプリント戦ならまだしも2000mだと印象は悪いです。3連複の相手に入れたのを失敗だったかもと思いました。