2017 香港国際競走 有力馬とオッズ プレビュー

今年も馬券を売り出すことになった香港国際競走。
仕事に加えて忘年会シーズンでもありますし、週末に乗馬の試合(クラブのだけど…)も控えているため、展開予想とかやってられない。早々と書けるものを。日本馬は知ってるからどうでもいいと思いますので、日本馬以外で。

マイルで香港往復弾丸で行けるんですが、乗馬の試合の方が大事です。

 

2017 香港ヴァーズ(芝2400m)

オッズ

BCターフ上位陣(ハイランドリール、タリスマニック) vs 日本馬(キセキ、トーセンバジル)に香港馬(イーグルウェイ、ゴールドマウント)という図式です。
BCターフ組はある程度信頼できるとして、香港勢が元々この距離は人気もなく、前哨戦すら満足に用意されていない中での出走なので、菊花賞馬キセキなどに比べて格下感があります。

素直にBCターフ組と日本馬選んでおけばいいんじゃないの?並びは知らんけど。

 

Highland Reel(ハイランドリール)/BCターフ3着

もはや何度見た事か。今更説明不要な外国馬でしょうね。
今年で引退して種牡馬入りが決まっています。随分と走りました。
「オブライエン厩舎のドサ回り担当」みたいな位置付けで、欧州は当然ながら北米、豪州、香港と世界を旅するサラブレッドです。

比較的高速馬場が得意なので、今年はついていませんでした。
キングジョージも雨、凱旋門賞も馬場を嫌って回避したのに、英チャンピオンSもまた雨。BCターフは4コーナーで鞭が入り、直線で内からTalismanic(タリスマニック)に差されてしまい、Beach Patrol(ビーチパトロール)も差せませんでした。

今年は春にコロネーションC、プリンスオブウェールズSとG1を2勝していますが、BCターフを見ると、昨年程の力はないかもしれません。
ただ、当然先行できる脚質と香港のこの距離。崩れる事は想像しがたいです。

 

Talismanic(タリスマニック)/BCターフ1着

前走BCターフを勝ちました。
ゴドルフィンの青い勝負服に非常に目立つ大きな流星。この馬は見やすいと思います。しかもそこそこ先行するし。

4歳馬で、昨年のフランスダービー4着、パリ大賞5着と割とそこそこ走る馬の典型みたいな成績で凱旋門賞にも出走して11着。
2017年シーズンは準重賞で2着1着した後、重賞で2着2着1着3着。3着はサトノダイヤモンドも出走したフォワ賞でした。そしてアメリカでのBCターフでの1着。

父がMedaglia d’Oroというアメリカ血統なので、地元に帰ってきた感じなんですかね。
母のMagic Missionで母の母Dream Ticket。このDream Ticketにはドリームモーメントという仔もおり、その産駒にはシンザン記念を勝ったロジクライの母です。馬の世界は狭いですね。

こちらもある程度先行して抜け出す競馬が得意ですので、香港の2400mは割と合うと思います。

 

Eagle Way(イーグルウェイ)/レディースパース(香港G3)5着

前走は香港G3の1800m戦で追い込んで5着まで。
比較的差してくるタイプの馬です。

3歳時にはオーストラリアのクイーンズランドダービー(G1)を制していますので、元々はそっちの馬。
今年に入って香港で走り、香港ダービー6着とかでしたが、春のシーズンでクイーンマザーメモリアルカップ(G3)を勝利しました。
その後、G1である香港チャンピオンズ&チャターカップ(G1)ではWerther(ワーザー)の3馬身差の3着。

秋になってG3を6着→5着と結果が出ていませんが、前走もエンジンがようやくかかって終了みたいな負け方でしたので、距離延長はプラスのはずです。

 

Gold Mount(ゴールドマウント)/ジョッキークラブカップ4着

前走は香港カップ前哨戦のジョッキークラブカップでWerther(ワーザー)から2馬身差の4着。
香港ダービー10着、クイーンマザーメモリアルカップ3着(上の参考レースでは最後方から直線外に出して追い込んできた黄色っぽいの。)、香港チャンピオンズ&チャターカップ5着とEagle Wayに悉く先着を許しています。

あまりいい参考レースがないため、ここは飛ばします。
逆に言えばその程度、とも言えなくもないです。このクラスの馬がハイランドリールを差すとかちょっと考えにくいです。

 

2017 香港マイル(芝1600m)

オッズ

安田記念にも出たビューティーオンリーが今年も制覇なるか?と思ってもなんせこの馬、今年1勝もできておらずやはり不安があります。
サトノアラジンも強いのは確かですが天皇賞から流れが悪いですし、欧州から参戦予定となっている牝馬G13勝のRoly Poly(ローリーポーリー)は出るにしてもBCマイルで11着と大敗しての出走。

香港馬が優勢と見るのが普通かなと思います。

 

Seasons Bloom(シーズンズブルーム)/ジョッキークラブマイル1着

前哨戦であるジョッキークラブマイルを豪快な追い込みで勝ちました。
白の縞々の勝負服です。

春は香港ダービー4着とそこそこ走っていましたが、秋になり6Fの一般戦を完勝すると1番人気で出走したセレブレイションカップ(芝1400mのG3)で2着。そして前走のジョッキークラブマイルという流れです。

4コーナーからグーンと上がってきて直線だったので非常に強い印象を受けます。
勝ち時計1:34.13は最近では遅いですが、スプリントも最近では遅かったので、そういう馬場だったってことでしょうね。

 

Beauty Only(ビューティーオンリー)/ジョッキークラブマイル4着

昨年の勝ち馬であり、日本にも安田記念に遠征してきたので馴染み深い1頭です。
今年は8戦して0勝。チャンピオンズマイル(G1)での2着などありますが、昨年とほぼ同じローテで着順を落としています。

セレブレイションカップ/昨年2着、今年5着
シャティントロフィー/昨年3着、今年9着
ジョッキークラブマイル/昨年1着、今年4着
香港マイル/昨年1着、今年??着

なので、期待は昨年程はできないかなぁというのが印象です。とか言っていると勝たれるパターンかもしれませんが…。

 

Helene Paragon(ヘレンパラゴン)/ジョッキークラブマイル2着

こちらは昨年の2着馬です。オレンジ色の勝負服です。
年明けは非常に調子よく、香港スチュワーズカップ1着、クイーンズシルヴァージュビリーカップ1着とG1を連勝していました。
春シーズンはチャンピオンズマイル3着で終え、秋になってシャティントロフィー7着、前走のジョッキークラブマイル2着と少し悪くなってきています。

とはいえ力がありますし、きっちり前走も走っているのでそろそろ上がり目かも。

こちらも差してくるタイプ。
春のクイーンズシルヴァージュビリーカップは直線で外からエイブルフレンドを差し切りました。

 

Beauty Generation(ビューティージェネレーション)/ジョッキークラブマイル3着

香港クラシックマイル、香港ダービーと3着もあり、春シーズンは少し及ばずの成績でした。

秋になってセレブレイションカップで1着。2着がSeasons Bloomですので、価値はあります。
シャティントロフィーでも2番手から押し切り2連勝を飾ると、ジョッキークラブマイルも出走して3着。

逃げ先行で粘る馬なので、有力馬の中では前に行く方です。
ピンクメンコの深いブリンカーに加えてピンクで派手目な勝負服。目立ちますので、すぐわかると思います。

 

2017 香港スプリント(芝1200m)

オッズ

ここは断然香港です。
レッツゴードンキも10倍を超えていますし、ワンスインナムーンもかなりの大穴。
このレースを普通に圧勝していたロードカナロアは終わりの見えた平成で最強のスプリンターでしょう。サクラバクシンオーだ、カレンチャンは勝ってるしカワイイ、何寝ぼけた事言うのかスリープレスナイトだ、派手だったデュランダルだろう、というのはあるかもしれませんが、私はそう思います。

日本馬も見せ場を作ってほしいですし、馬券絡んでほしいですが、楽ではありません。

 

Mr Stunning(ミスタースタニング)/ジョッキークラブスプリント1着

G1こそ未勝利ですが、4歳馬ですし仕方ないかもしれません。
前走の前哨戦であるジョッキークラブスプリントは最後抑える感じでの楽勝でしたし、ここは本命でG1制覇のチャンスです。

差しの鋭いタイプで真っ赤な勝負服。
春シーズンはチェアマンズスプリントプライズでLucky Bubbles(ラッキーバブルス)の2着もありますし、時間の問題って感じもします。

父はExceed And Excel。母はWith Fervour。
母の仔で日本では2007年のクロッカスS2着などあるウィズディクタットがいます。世界は狭い。

 

Lucky Bubbles(ラッキーバブルス)/ジョッキークラブスプリント9着

前走こそ大きく崩れましたが、基本は安定して走ります。昨年のこのレースの2着馬です。
今年はチェアマンズスプリントプライズで内からするすると抜け出し、Mr Stunningを抑えてG1制覇をしています。

良い馬ではありますが、やや勝ち切れない成績ですので、勝つとなるとどうかなぁ。
内目の前目でじっくり走り、直線で抜け出すみたいなレースが理想ですが、そんなに上手くいくものか?です。

 

Amazing Kids(アメイジングキッズ)/ジョッキークラブスプリント2着

昨年の香港スプリント4着馬です。
筋金入りのスプリンターで5Fもしくは6Fしか走らないというバリバリの短距離馬。

今年はドバイのアルクォズスプリントも走り6着。
春シーズンはイマイチ乗り切れなかったものの、秋になってプレミアボウル3着からジョッキークラブスプリント2着と調子を上げてきました。

参考レースは今年1月のバウヒニアスプリントトロフィー。5F戦のG3です。

 

Thewizardofoz(ザウィザードオブオズ)/ジョッキークラブスプリント5着

「オズの魔法使い」という名前の馬です。
スペースの大切さが良く分かります。「一体何と読むんだ?」と思いますが、無理矢理入れるとこんな感じになります。

典型的な最後方からの追い込み馬で、前走も勝ち馬の後ろを伸びてきましたが5着まで。
参考レースはプレミアカップというG3で、最後方から鮮やかに差し切りました。

春はチェアマンズスプリントプライズで4着などあり、G1でもはまれば、の馬だと思います。
ただ、ここまで追い込み馬だと展開待ちですかね。

 

Peniaphobia(ペニアフォビア)/ジョッキークラブスプリント4着

人気はないですが、昨年の3着馬で前哨戦4着馬です。
昨年もあまり人気なかった気がしますが、逃げて頑張りました。

今年はG2の1勝(センテナリースプリントC)のみですが、そこではLucky Bubbles(2着)やAmazing Kids(4着)と退けています。
マイペースになると厄介ですので、注意しておきたい1頭です。

 

2017 香港カップ(芝2000m)

オッズ

ネオリアリズムにスマートレイアー、ステファノスというG1でもやれる馬が出走していますので、ここはいい勝負ですが、ネオリアリズムは日本で見たかったですね。

昨年2着のSecret Weapon(シークレットウェポン)は7歳になり、今年はかなり成績が悪いのでちょっと期待できません。
欧州から参戦のDeauville(ドーヴィル)にしろGarlingari(ガーリンガリ)にしろG2が良い所なので、Poet’s Wordを除くと小粒も小粒。

 

Werther(ワーザー)/ジョッキークラブカップ1着

昨年の香港ダービー後にクイーンエリザベス2世カップも楽勝し、一躍香港中距離のエースに。

今年に入ってから香港スチュワーズカップは6着に敗れましたが、香港ゴールドカップ(G1)を勝利し、連覇を狙ったクイーンエリザベス2世カップはネオリアリズムの3着。
香港のシーズン最終戦でもある香港チャンピオンズ&チャターカップ(G1)を制しました。

この秋はマイル戦から始動して6着でしたが、前哨戦は先に抜け出したTime Warp(タイムワープ)を差し切って勝利。
エースであることは間違いなく、この距離なら2016年から5戦4勝。

 

Poet’s Word(ポエッツワード)/英チャンピオンS2着

春先は全く知りませんでしたが、グッドウッドのG3を快勝してから愛チャンピオンSで2着、そして前走は英チャンピオンSで2着と負けてはいるものの実績は十分な感じになりました。

とはいえ英チャンピオンSではCracksmanに完敗ですし、愛チャンピオンSにしてもDecorated Knightに負けています。

欧州のそこそこの馬が欧州とは違う馬場でどうなのか?は興味深いですが、そんなに「強い強い」と言われるタイプではありません。

 

Time Warp(タイムワープ)/ジョッキークラブカップ2着

前哨戦の2着馬です。

先行して粘り込むタイプで、前哨戦も離れた2番手から追走して直線早めに先頭に立ち、最後Wertherに差されてしまいましたが、2着を確保しました。
ネオリアリズムの出方次第ではありますが、ある程度前に行くので面白い1頭かなと思います。

映像はかなり変ですが、今年のシャティンマイルという普通のハンデ戦です。これが今年の春最後のレース。ここも逃げて勝っています。
秋にはセレブレイションカップ3着、レディースパース2着と安定して走っています。でも重賞未勝利。

 

Nassa(ナッサ)/ジョッキークラブカップ3着

前走は内から伸びてきて3着でした。

元々ケープギニーとか走っているので、南アフリカの馬ですね。
香港に来てあまり結果が出ていませんでしたが、前走のレディースパースは逃げたTime Warpが逃げ切りか?という所で一気の差し切り。

安定して追い込めるタイプっぽいですが、G3を1勝だけ。

 

Blond Me(ブロンドミー)/E.P.テイラーステークス1着

前走G1を勝っています。ウッドバインの2000m牝馬限定戦です。

5歳牝馬で夏は欧州で走っていてナッソーSではWinter(ウィンター)の2着。
前々走はヴェルメイユ賞で11着と大きく負けてしまいましたが、前走しっかり勝ちました。

5着と伸び切れなかったNezwaah(ネズワー)や愛オークス2着のRain Goddess(レインゴッドネス)が最下位に沈む中、しっかり差し切りました。