第51回スプリンターズステークス 展開予想

展開予想ですが、雑になります。
時間がないというのと、わざわざ書くのか?という思いから。
パリの天候は29日金曜日はかなり暑い。そこからどこまで持つかなぁという心配しかありません。馬場とか以外の面でも。

凱旋門賞もですが、こちらもかなり難解です。
毎度毎度スプリント戦は展開読みにくく難解極まりないですが、今年も本当に難しい。
実績上位のレッツゴードンキ、セイウンコウセイ、ビッグアーサー、レッドファルクスは休み明けですし、ラインミーティア、ダイアナヘイロー、ファインニードルといった新星が使われている分の上昇度があるか?とここの取捨選択が腕の見せ所ですね。下手なりに。
ソルヴェイグが出れないのは残念ですが、仕方ありません。

先行馬は揃った感じです。
ハクサンムーンやミッキーアイルのように「これが行くだろう」と明確に言えるのはいませんが、概してこういう時は速くなります。
「もう少し他の馬より前で」の意思がそうなるのかもしれません。今年は前半は「スプリント戦にしてはゆったり」はないと思います。

逃げ :④フィドゥーシア、⑥ワンスインナムーン
逃げ後:⑦ダイアナヘイロー、⑬ファインニードル、⑭ネロ、⑮シュウジ

先行前:③セイウンコウセイ、⑩ビッグアーサー、⑫ブリザード
先行後:⑤ラインミーティア、⑧レッドファルクス
中段前:①スノードラゴン、⑪モンドキャンノ
中段後:②レッツゴードンキ、⑯ダンスディレクター
後方 :⑨メラグラーナ

としました。
逃げるのはフィドゥーシアかワンスインナムーンではないかと。
ワンスインナムーンは前走逃げ勝っているし、ペースは違えども思い切る気がします。
ダイアナヘイローは逃げることはしないと思いますが、前に。

レッドファルクスは昨年より気持ち隊列の順序でいえば後ろかなと思いました。
レッツゴードンキは昨年同様後ろから。後方と書きましたが最後方ではない気がするメラグラーナ。

ネロやシュウジも前に行くと予想し、前半は33.2。
もう展開も何もなく、4コーナーから凝縮されてきて、直線勝負という展開になるのではなかろうか。

直線は粘るフィドゥーシアにダイアナヘイローが並びかけます。
そこからファインニードルがグイッと伸び、セイウンコウセイがその後ろから。
ビッグアーサーが伸びあぐねる中、大外から連覇を狙うレッドファルクス、さらに外からメラグラーナとダンスディレクター。
内からレッツゴードンキも伸びますが、少し詰まり気味。

ゴールはファインニードルがセイウンコウセイを少し凌いでゴール。勝ち時計1:07.3。
3着には大外からメラグラーナ、次にレッドファルクス。ダイアナヘイローとしました。

当たらない予想です。

◎ ⑬ファインニードル
○ ③セイウンコウセイ
▲ ⑨メラグラーナ
△ ⑧レッドファルクス
△ ⑦ダイアナヘイロー
△ ⑯ダンスディレクター

本命はファインニードルです。
若干オッズを見ると前々日とはいえフロック視されていますが、前走はしっかり勝利していますし、阪神で1.07.1も出ていますので、時計勝負でも大丈夫。
ネロとシュウジが被せてきて下がってしまうと嫌ですが、ビッグアーサーより前目、4~5番手が取れれば流れに乗って出てこれるのではないかと思っています。

対抗にセイウンコウセイを。
フィドゥーシアの後ろをすっと取れれば、内目の悪くない位置をとれそうですし、極度な高速馬場だった函館SSは思い切って度外視します。
3か月ぶりは気になりますが、そんなこと言ってたらキリがないですし、走りやすいだろうというだけで。もちろんG1馬ですし。

3番手にメラグラーナ。
前走は復調気配も感じましたし、得意の中山スプリント。
これなら大崩れはないと信じても悪い気はしません。ある程度差せてこれるレースになると思っていますので、後方から捌ければ面白い1頭だと思います。人気してますが。

後の△は横並びです。

レッドファルクスはチャンピオンですし、スタートも悪くなく追走して最後は伸びてくるでしょう。
自分より外が行くか下げるかのタイプが多いので、同じような位置で外が邪魔しそうなのがいません。
思い切って直線勝負でいい馬ですので、それはできるのではないかと思います。
伸びるかどうかだけでしょう。

3連勝までは到達しても4連勝はなかなかできないと思っています。
そういう意味でダイアナヘイローの勢いは本物でしょう。
ただ、思った以上に時計が出ていないので、スピードが若干負けることを想定してこの着順。

ダンスディレクターは中山は得意じゃないという思いはあれど、前走の雰囲気がとてもよかったです。
私は「これは勝つんじゃないのか?」と4コーナー手前で思いました。
あの雰囲気で走れれば、今回は見せ場があってもいいのでは?と。

他のはわからんです。
ビッグアーサーは力はありますが、如何せんここまでの休み明けでは…。
レッツゴードンキも強い馬ですが、去年に比べて使えてないのがマイナスではないかと思い外しています。

難しいです。