英国のG3。英国ダービーへ向けてフランケル産駒続々登場。

日本でもフランケル産駒が活躍をしていますが、英国でも続々と英国ダービー候補が出現しています。
今年あれよあれよと英国ダービーでも勝ってしまったら、ついにガリレオが息子によってその地位を奪われるかもしれません。

もしそうなればガリレオは本望でしょうが、ノーザンダンサー⇒サドラーズウェルズ⇒ガリレオ⇒フランケルと続くと暫くはノーザンダンサー系ですね。どっちにしろ。

 

Investec Derby Trial(一般戦・エプソムダウンズ・芝2000m)

大層な名前がついていますが、ただの一般戦です。

人気はフランケル産駒Cracksman(クラックマン)は赤い帽子に白っぽい勝負服(ゴールデンホーンと同じ)。
調教師ジョン・ゴスデンにランフランコ・デットーリ。

道中は内目の3番手位を追走し、直線外に持ち出してからの末脚。
着差こそ小さいですが、2着の馬はなかなかキャリアも豊富な相手に今年初戦をきっちり勝利してデビューから2連勝。

ダービーで3番人気まで浮上しました。
この時期はまだまだ全然分かりませんが、有望なプロスペクトだと思われているんでしょう。

 

bet365 Gordon Richards Stakes(G3・サンダウン・芝2000m)

なかなかいいメンバーが揃いました。

昨年のプリンスオブウェールズSを勝ち、英チャンピオンS以来のMy Dream Boat(マイドリームボート)
昨年のBCターフ4着だったUlysses(ユリシーズ)
昨年のベルモントダービーを勝ち、今年のドバイターフは7着だったDeauville(ドーヴィル)

直線で内から突き放しにかかるDeauvilleを外からシャドーロールのUlyssesが追いかけます。
その後ろの黄色い勝負服がMy Dream Boatです。

ゴールは1馬身きっちり交わしたUlyssesが勝利しました。
母は英オークス馬Light Shiftで父ガリレオ。素質は高いと言われていましたが、ここにきて本当に強くなったかも。

 

bet365 Classic Trial(G3・サンダウン・芝2000m)

5頭立て。

人気のMonarchs Glen(モナークグレン)、 2番人気のCunco(クンコ)、 3番人気のFrankuus(フランクース)の3頭がフランケル産駒。
4番人気のFierce Impact(フィエルスインパクト)はご存知ディープインパクト産駒。5番人気のIntern(インターン)はRip Van Winkle(リップヴァンウィンクル)の仔。

レースは前3頭が叩きあい、大外の少しダサイ勝負服のCuncoが先に抜け出したFrankuus、Internを差し切ってゴール。
人気のMonarchs Glenは4着、我らがディープ産駒は5着のビリでした。

父フランケルで母はChrysanthemum(クリサンスマム)。重賞勝ちもあり、愛プリティポリーS3着もあります。
この子はこの世に1番最初に生まれたフランケル産駒です。まさに初仔でしたので、ニュースにもなりました。