北米のトライアル。Unique Bellaも登場

サンタ・イサベルS(G3・サンタアニタパーク・ダート1700m)

牝馬限定戦です。
ケンタッキーオークスのステップレースで、昨年はSongbird、一昨年はStellar Windが勝っています。

今年は2強対決です。
ケンタッキーオークスで圧倒的人気が予想されるUnique Bella(ユニークベラ)
昨年の2歳G1であるスターレットSを勝利しているAbel Tasman(アベルタスマン)。

他の馬はなかなか難しそう。

レースはこんな感じ。

道中は相変わらずマイペースの逃げで引っ張るUnique Bellaですが、4コーナーでAbel Tasmanが鞭を入れつつ頑張って追いかけます。
しかし、直線左鞭が入ったUnique Bellaとの差が詰まらず、ゴールまでそのまま。

着差は2馬身1/4差と頑張りましたが、ここは完敗。その後ろは8馬身。
これでデビュー戦は負けた後に4連勝。

 

ファウンテンオブユースステークス(G2・ガルフストリーム・ダート1700m)

ケンタッキーダービーのトライアルレースです。
勝ち馬には50ポイントが与えられます。ここからケンタッキーダービーを勝ったのは2013年のOrb(オーブ)がいます。

人気はホーリーブルSを勝ったIrish War Cry(アイリッシュウォークライ)と2歳G1を2勝してBCジュベナイル3着だったPractical Joke(プラクティカルジョーク)など。

レースはThree Rules(スリールールス)が逃げ、Irish War Cryは前半は2番手。
3コーナー過ぎからレースが動き、Irish War Cryが伸びを欠く中、外から白と赤のPractical Jokeが先頭に並びかけ、さらに外からGunnevera(ガンネヴェラ)

直線は3頭が並んだのも束の間、外から一気にGunneveraが伸びてドンドン後続を突き放し、終わってみたら5馬身3/4差。
2着にはPractical Joke、3着にThree Rules。人気のIrish War Cryは大きく離れた7着に負けてしまいました。

勝ったGunneveraは前走ホーリーブルSで2着。8戦4勝で重賞は3勝目です。
勝ち方も鮮やかだったので、本番も人気なりそうな1頭です。