これぞ仏ダービー馬。AlmanzorとNew Bayの勝利。

ギヨーム・ドルナーノ賞(G2・芝1m2f・ドーヴィル・Good)

今年のフランスダービー馬Almanzor(アルマンゾール)は一休みしてここから出てきました。
そのフランスダービーで2着だった名牝Zarkava産駒のZarak(ザラク)も出走しています。

ダービーの再戦のようなレースです。が、1番人気はゴドルフィンのUltra(ウルトラ)です。
昨年のフランス2歳牡馬G1であるジャン・リュック・ラガルデール賞を勝ちました。前走は久々を一叩きし2着。ここは試金石の1戦です。

道中は綺麗に2列。さすがは自転車の国です。といっても毎回フランスはこうですが。
後方外目の緑服にシャドーロールがZarak、その後ろの水色勝負服がAlmanzor、最後方の青色がUltraです。

見ての通り前半1000m通過が1:08.57と出ます。
なんつースローペース。馬場がgoodですからね。もう少し出してほしいですね。

4コーナーから大きく横一杯に広がります。

人気馬は外へ持ち出します。

直線は黒の勝負服のRoyal Artillery(ロイヤルアーティレティ)が粘りますが、大外からZarakが。その内からAlmanzorがいい脚で伸びてきて、最後は1馬身交わしてゴール。
人気のUltraは前が開いたと思いますが、イマイチ伸びきれず6着に終わりました。

速報ラップだけ並べると、
1400m通過 1:34.50
1800m通過 1:58.08(23.58)
2000m通過 2:09.63(11.55) 上がり35.16

です。これ位は時計が出るので、そう考えると勝ち時計は疑問符がつくのはやむを得ないでしょう。
欧州は時計じゃないですけどね。実際こんなもんです。昨年も2:08.34ですし。

ちなみに、ここを勝った馬で凱旋門賞に向かった馬は2010年以降2頭。
昨年のNewBayと2011年のGalikova。

NewBayは3着でしたが、Galikovaは人気になりましたが9着に敗れています。

で、Almanzorの次はというと

“The Irish Champion Stakes will be next and after that we’ll see. Ascot for the Champion Stakes is the favoured option but the Arc is not out of the question.”

と言っています。
愛チャンピオンS→英チャンピオンが第一希望。でも凱旋門賞も「out of the question」じゃないよ、と。一応は候補から外してはいないようですが、そこまで乗り気でもなさそうです。

Zarakは分からないですが、凱旋門賞じゃないですかね。一叩きするならニエユ賞しかないので、そこ経由で。

 

ゴントービロン賞(G3・芝1m2f・ドーヴィル・Good)

こちらは昨年のフランスダービー馬New Bay(ニューベイ)の登場です。

相手と言えば今年のダルクール賞(G2)を勝ったGarlingari(ガーリンガリ)位かなと。

道中は2番手の外目を進むNew Bayです。後方の青っぽい白帽子がGarlingariです。

直線はNew Bayがあっさりと抜け出して1着。それ位しか書くことがありません。
Garlingariは直線伸びを欠きましたが、こんなもんでしょうね。そこまで抜群に強い馬ではないので、やや追えない感じにも見えたので、そういうロスがあれば負けてしまいます。

New Bayはラスト1Fを11秒台前半でまとめての勝利です。
これでイスパーン賞でぼろ負けした分がありましたが、なんとか立て直したのかもしれません。相手が弱いですので何とも言えませんが。

こちらは予定通り凱旋門賞へ向かいます。1回叩くならフォワ賞だと思います。

大体16倍の6番人気位です。