第83回日本ダービーの展開予想

さぁ、今年もダービーが迫ってきました。

「強い」「史上最強」など色々言われていますが、私もそう思います。
ここまでワクワクするダービーはなかなかありません。

きさらぎ賞で、弥生賞で、皐月賞で今まで誰も到達しなかった時計で走っていますし、実に11頭もの馬が110ポンドを超えたレーティングを引っ提げてきます。
ゲートに入ってゴールするまでがダービーです。
シルクライトニングやダノンシャンティなど、ダービーのゲートに入れる直前で入れなかった馬もいます。最後まで気を抜かないで、いいレースが見たいですね。

ダービーですから予想しましょう。枠順も決まりました。

蛯名騎手、悲願のダービー制覇へ皐月賞馬ディーマジェスティが好走枠である白帽子をゲットしたので、ついにダービージョッキーでしょうか?
王手まではいきませんが、過去の流れを見ると飛車取り位まで到達した気がします。でもそんな上手くいかないのがダービー。

過去のデータから探すとかではなく、展開予想です。
データをいくら探しても今年は今年です、というスタンスでいきます。

18頭の枠順としてはやや内目に有力馬が揃いました。
8枠は少し存在感がなくなる可能性が高いですが、とにかくガンバ!

展開のカギを握るのはマイネルハニーでもなく、アグネスフォルテでもなく、リオンディーズです。
皐月賞のように追いかけてしまうとまたしてもハイペースは免れません。

リオンディーズはまたしても真ん中より外枠に入りました。この馬は5戦すべて10番より外です。
5回連続で10番より外の確率はこの馬で計算すると6%。ついてないですね。弥生賞すら外枠だったし。
そんなことはどうでもいいです。
前に行ってしまうか控えるか?非常に読みにくいですが、私は強引にでも中段まで下げると思います。

そんなこんなで展開をざっくり予想します。

逃げ:②マイネルハニー

先行(の前):⑥アグネスフォルテ、⑪アジュールローズ、⑮イモータル、⑱プロディガルサン
先行(の後):⑤エアスピネル、⑨マウントロブソン、⑭ヴァンキッシュラン

中段(の前):④レインボーライン、⑧サトノダイヤモンド、⑰プロフェット
中段(の後):①ディーマジェスティ、③マカヒキ、⑫リオンディーズ

後方:⑦ロードクエスト、⑩スマートオーディン、⑬レッドエルディスト、⑯ブレイブスマッシュ

こんな感じでしょうかね?
分かりにくいのは⑰プロフェットと⑮イモータル辺りでしょうか。

②マイネルハニーは逃げるでしょう。内枠の偶数ですので、出遅れなければ行くはずです。
⑥アグネスフォルテも前走の感じだと無理して抑える事はないですし、枠も良いですから、多少前に出していくと思います。
⑱プロディガルサンは前走のままだと多分外から行ってしまうと思います。恐らく掛かる直前までいってしまうのではないかと。

⑧サトノダイヤモンドは⑨マウントロブソンとのポジション争いがあるかもしれませんが、それ以外は周囲(⑦と⑩)が下げる馬なので、比較的スムーズでしょう。
⑭ヴァンキッシュラン辺りに蓋をされないで1コーナーには入れれば尚良いです。あまり外を回らずとも、外側にプレッシャーのない状態になると思います。

①ディーマジェスティも分かりにくいですが、前に行くタイプではないですし、お隣の②が行きます。あまりゴチャっとせずに1コーナーへは走れると思います。
問題は外に出すか、内を突くかどちらかなので、できればポツンと走りたいと思っていると思いますが、③マカヒキがねー。
こちらは皐月賞程後ろには下げないと思います。
というか、もっと後ろに下げるであろう馬がいるのと、①ディーマジェスティを意識しないとは思えず。
スタートがやや下手なので、⑦ロードクエストと入れ替わるかもしれませんが、中段最後方に控えるのではないかと。
なんとなく①ディーマジェスティの斜め後ろを半馬身差位でずっと走りそうな気がしています。

そして⑫リオンディーズです。問題は。
私はちょっと下げると思います。スタート悪くない馬ですし、⑪アジュールローズの後ろに入りながら、内に切れ込めるはずです。
というのは⑩スマートオーディンはかなり思い切り下げると思います。従って斜めに走りながらじわっと⑧サトノダイヤモンドの後ろ辺りに位置できると思いますし、それを狙うのではなかろうかと。