写真で振り返る 第23回青葉賞 レース回顧。さぁ、ダービーへ。

返し馬

プロディガルサン(3戦2勝。リアルスティールの弟。)

ラングレーとかリアルスティールに比べるとふわっと走り出す感覚は無いので、ちょっとお兄さんとは違うと思いました。
若干汗がありますが、まぁ少し暖かいしこんなもんでしょうね。

プロディカルザン

メートルダール(5戦2勝。共同通信杯3着から)

走り出す時やや勢い良く気合十分過ぎる感じです。
これで悪いとかではなく、私は1歩目がスッと出るタイプが好きなので、あまり好きではない返し馬です。

メートルダール

レッドエルディスト(3戦2勝。大寒桜賞1着)

芦毛ちゃん。
特に目立つのでもなく、何か気になるところもなく。
綺麗な芦毛だなというのが第一印象です。

レッドエルディスト

フレンドミラクル(中央8戦0勝。松岡騎手)

外埒を肩内しながらスタンド前で笑顔を振りまいていました。
レースでは目立つ事はなかったけど、こういうのもいいと思います。落ち着いて運動していました。

フレンドミラクル