写真で振り返る 第23回青葉賞 レース回顧。さぁ、ダービーへ。

第23回青葉賞(G2・東京・芝2400m・良)

春の強い風が吹き抜けた東京競馬場。
少し風が寒い位だったけど、過ごしやすく馬に乗るのも見るのもいい季節になりました。
本日はダービートライアル青葉賞。
2着までにダービー優先出走権が与えられるため、残された枠を争いいいメンバーが揃ったと思います。

パドック

アルカサル(2戦2勝。水仙賞勝ち)

ちょっとだけチャカチャカしてた印象です。
消耗している感じはしませんので、これはこれで性格なのかな?

アルカサル

レーヴァテイン(2戦2勝。レーヴドスカーの仔)

生で見るのは初めてですが、体重以上に小さくは見えました。
5月生まれですし、本格化はもう少し先だと思います。

レーヴァテイン

ヴァンキッシュラン(6戦2勝。リリーオブザヴァレーの仔)

別角度ですが、顔がいいです。
こちらもディープ産駒ですが、500キロ近い馬体でとても力強い感じがしました。
流星の感じがウオッカに似てる気がします。全く関係ない馬ですけどね。

ヴァンキッシュラン

他はメートルダールが2人で引いてて少しチャカチャカ。
プロディガルサンは特にありません。休み明けにしては落ち着いてるなという印象でした、パドックでは。