ラニ参戦で注目。チャーチルダウンズ競馬場のこと。

ラニがケンタッキーダービーに参戦するという事でいつも以上に注目のケンタッキーダービー。今年で実に142回目。
レコードはセクレタリアトが出した不滅のタイムの1つである1:59.40。
過去141回の歴史の中で、2分を切って勝ったのはセクレタリアトとモナーコス(2001年)の2頭のみ。

そんなケンタッキーダービーが行われるチャーチルダウンズ競馬場。
大勢の人が埋め尽くす中、競馬場を走る1コーナー付近が写真に撮られる事が多いですが、私は2010年のブリーダーズカップで行ったことがあります。

その時の感じたことや色々、ケンタッキーダービーについてのあれこれを。当時は携帯で写真を撮っていたので、ヘタな写真も一緒に。
ラニを応援するだけでなく、少しだけイメージを膨らませて頂ければ幸いです。

入場門

アイキャッチ画像にもなっていますが、Barbaro(バーバロ)の像がありました。恐らく今もあるでしょう。
悲劇的な最期でしたし、強かったですし。
今年もどうなるかわかりませんが、怪我はないことを願っています。
バーバロの像の裏はこんな感じです。

TS3O0053

バーバロの像の裏側。第132回の勝ち馬です。

で、実際の入場門の所はこういう感じになっています。
あの時カメラがあればなー。当時はカメラ好きではなかったので、携帯で適当に撮ってたのが悔やまれます。
こう見ると写真はかなり適当ですが、なんかいいですね。
PAP_0014

ちなみに、確かこれはBCクラシックがある日の朝7時ごろだったと思います。
並んでいません。日本みたいに並ぶこと(多分ですが)は少ないです。
席が決まっているというのもありますが、それでもねぇ。確か私は最前列で並ぶことになりました。
というか、1回5時ごろ来たら誰もいないので、ホテルに戻ってからまた来ました。