荒々しくも美しく。ドゥラメンテ衝撃の第75回皐月賞写真集

2015年4月20日 第75回皐月賞

4コーナーではもうダメかと思った。
どれだけパワーがあろうとも、舞台は中山、そして前でスムーズにレースを進める宿敵リアルスティール。
4コーナーでのお行儀は悪かったが、お坊ちゃまなのは血統だけ。
名前の通りの荒々しさを見せつけ、ゴール前は圧巻。

リアルスティールもキタサンブラックも、サトノクラウンもみんなまとめて粉砕。1強を宣言する走りだった。